人生のさまざまなステージに、感動のメッセージをプレゼント

奇妙な人間との出会い

出産祝いのプレゼントTOPへ戻る

(4)奇妙な人間との出会い

 ところで、ネコに話しかける人間を時々見かけませんか?ネコに話が通じると思って話す人なんて存在しませんよ。ただ、心を通わせたいという思いを、素直に表現してるだけなんですね。

画像の説明

 でもね、数年前のことなんですが、驚いたことに昼寝ネコ一族の言葉を理解し、かなり流ちょうに話す人間に出会ったんですよ。いやあ、本当に驚きました。だって、これまで随分長い年数、たくさんの人間と出会いましたが、一族の言葉を理解する人間は一人もいませんでした。
 最初はとりとめもないことを話すだけでした。でもやがて驚いたことに、お互いの共通点がたくさんあることが分かったんですよ。犬に顔を舐められることが嫌いだったり、昼寝が好きだったり・・・。極めつけは、ピアソラのオブリヴィオンとプッチーニのボエームが好きなこと、将棋の戦法もマイナーな「立石流」一本槍だということ。いやあ、すっかり意気投合してしまいました。

 彼の仕事は編集者で、私に本を出さないかというんですね。そりゃまあ興味はありましたが、昼寝ネコ一族には、出自を悟られるような目立つ行動を控える、という不文律があり応じませんでした。でもこの編集者があまりにも熱心に勧めるので、根負けして応じることにしました。でも、契約とか校正とか面倒なこと、人と会わなくてはいけないことはお断り。編集者の彼が、私の代理人として全てを行うという条件付きで、一冊の本を刊行しました。

←(3)に戻る ↑クラブトップページへ →(5)グリーティング絵本の誕生

(1)創立者からのごあいさつ  (2)かなり長い前書き  (3)昼寝ネコ一族世界最高会議の決定事項  (4)奇妙な人間との出会い (5)グリーティング絵本「大切なわが子へ」  (6)出版社の協力でクラブを開設  (7)クラブの機能  (8)「知恵の書」の一部抜粋部分  (9)基本理念と情報提供のカテゴリー  (10)会員募集方法 (11)会員登録方法  (12)昼寝ネコの日記「おはこんばんちは」

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional